ビタミンC 若返り アンチエイジング

浸透するビーグレンのサイエンスコスメで若返り

浸透するビタミンC美容液でアンチエイジング〜ビーグレンのCセラムで若返り


ビタミンCの優れた美容効果

ビタミンCはシミの原因となるメラニンの生成を抑える効果が期待でき、新たなシミをできにくくする予防効果と、既にできてしまったシミを薄くするという効果が期待できます。

 

更に、肌の保湿力と弾力に重要なコラーゲンやエラスチンの生成を助ける役目もあります。

ビタミンCの美肌効果・美白、エイジング、抗酸化作用

 

肌が老化するのは加齢によって増える活性酸素のダメージで、細胞が分解してしまうことが原因ですが、ビタミンCには活性酸素を抑える優れた抗酸化作用があることもわかっています。

 

このような優れた効果が色々あることから美容、特にアンチエイジングには欠かすことのできない成分なのです。

 

ビタミンCは大変不安定で変性しやすい成分ですので毎日の食事で満足できる量を取るのは難しいかもしれませんが、これらの食品を積極的に摂ったり、吸収率の良いサプリメントで効率よく補給することが理想です。

 

しかし、あまりにも摂り過ぎると下痢を起こす場合もあるので注意しましょう。加齢以外にも紫外線など外部の刺激でも活性酸素が過剰に発生するので、UVケアや生活習慣の見直しをすることも肌の若返りに有効です。

 

浸透するビタミンCが肌の若返りを助ける
体の中から十分な量を補給し、更に体の外から基礎化粧品で補って美白やエイジングのケアをしていきましょう。

 

ビタミンCは水溶性でそのままでは肌の奥に浸透するのは難しい成分です。一般的なスキンケア化粧品には、浸透しやすくしたビタミンC誘導体が配合されていることが多いのですが、全体に対して極わずかの量しか配合されていません。

 

折角のビタミンCの美肌効果も、なかなか実感できにくいのにはこうした理由があるのです。

 

ビーグレン、国際特許の浸透テクノロジーQSome

ビタミンCが肌の中にまでしっかりと浸透するように配合された基礎化粧品を選ぶことでアンチエイジング効果を期待することができるでしょう。

 

 

浸透するビーグレンのビタミンC〜秘密は国際特許の浸透テクノロジービーグレン、国際特許の浸透テクノロジーQSome

活性酸素とアンチエイジングについて

私たちの体は年齢を重ねると共に次第に衰えてきます。どうしても年齢には勝てないのか…と諦めてしまいがちですが、決して年齢のせいだけにしてはいけません。

 

きちんと努力をすることで若々しさを保つことが可能なので、しっかりお手入れをすることが大切です。

 

そもそも年齢を重ねるとなぜお肌の老化が進行してくるのかその理由を考えてみましょう。

 

肌が老化してしまう原因としては、セラミドの減少で肌の保水量が減り乾燥、紫外線などの影響によるバリア機能の低下等があります。中でも最近注目されているのが活性酸素による影響です。

 

細胞を分解す活性酸素
活性酸素は誰の体にでも存在しているもので、呼吸や食事と言った行動で毎日発生しています。免疫作用の役割も果たすものですが、正常な細胞組織を攻撃してしまうこともあるのです。

 

健康な若い肌は活性酸素による細胞の分解と肌の細胞の生成がバランスを保っていますが、自然な老化で細胞の生成が遅くなり、このバランスが崩れ、さらに外部の刺激がますます細胞の分解を進めることで崩れてしまいます。

 

活性酸素が増えすぎてしまう要因としては、紫外線、大気汚染や喫煙等で、シワやしみなどを早く進行させてしまう可能性もあります。

 

このようなことから、アンチエイジング対策としては多くなりすぎてしまった活性酸素を除去することが必要となるのです。

活性酸素が細胞の分解と生成のバランスのカギ

原子核の周りの電子が2個、ペアになっていれば安定した状態ですが、活性酸素は電子をひとつ失って不安定な状態の酸素分子です。失った電子近くの分子から無理矢理奪い取り、自分は安定しようとします。

 

この時正常な細胞を分解し、また新たな活性酸素が発生することになるのです。シミやシワの原因となります。通常であれば体内で活性酸素を阻止する酵素やタンパク質、ビタミンなどが働きます。

 

しかし、加齢でこのシステムが正常に働かなくなったり、外部の刺激で過剰な活性酸素が発生することで処理し切れなくなるために肌の老化が加速されてしまうのです。

 

抗酸化作用のある成分でバランスをとる
それでは活性酸素を除くにはどうしたら良いのでしょうか。活性酸素を無害化する働きをする抗酸化物質を取り入れましょう。

 

抗酸化物質は、電子をひとつ探している活性酸素に電子を与えることで安定させ、無害化させることができます。

 

代表的な抗酸化物質はビタミンA、B2、C、E、カロテノイド、ポリフェノール等です。

 

抗酸化物質が体内で十分作られるような食品を摂る事が大切です。新鮮な野菜や果物、抗酸化作用のあるブルーベリーやお茶、そば、ごま、緑黄色野菜などを積極的に食べるようにするといいでしょう。

主な抗酸化物質と含まれる食品


 

食生活を改善し、ストレスが溜まらないようにするなどの生活環境を整えることも活性酸素の抑止につながります。

 

必要に応じてサプリメントを活用してもいいですね。吸収されやすい液体が包まれているカプセルのものを選ぶとよいでしょう。

 

肌の外側からも抗酸化作用のあるビタミンCなどを配合している基礎化粧品を活用すると、活性酸素のダメージから肌を若返りさせるのに有効であると考えられます。

 

ただし、肌の奥に浸透するものを選ばないと、せっかくの効果も発揮できないので注意しましょう。

更新履歴


このページの先頭へ戻る